Poetry | かきむしる衝動

この記事は一年以上前の記事です。

幾夜も君を舐めて過ごしたいと‥
焦がして
焦がして
焦がして
涸れ果てるまで想うんだ

失速する半減期
その睨む瞳と淡い握力の殺傷能力
この悪意を鎮めるには十分だろうか

【キリキリキリキリになるまで頷いてきたのだから‥】

たった一度だけ
一瞬の為に拳を突き出したんだ
その清明さを正確に許すんだ

何よりとことん弱い”風の君”の為に
私は創造するのだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください