Poetry |街に降る雨

この記事は一年以上前の記事です。

貴女の居ない空白が
私を侵食する
街は今日も雨

貴女と繋いだ右手が
私に思い出させる
降り止まない雨

来るはずの無い誰かを待って
駅で待ち人になってみたりしました

きっと
貴女に逢いたくて
今でも逢いたくて
ひりつく想いに保てなくなりそうで

心に刻み込んだ傷を
気づいて欲しくて
腕に似た傷を作ってみました

これを戯曲とするなら
それを知った貴女は
笑うのでしょうか?
泣くのでしょうか?

ずっと
貴女に逢いたくて
今でも逢いたくて
貴女の居ない空白が今日も
貴女と繋いだ右手と共に
私を街に引き留める

2009/11/11 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。