Poetry |病める心臓

この記事は一年以上前の記事です。

追憶の彼方に

太陽の浮かばぬ街で
金属音を鳴り響かせる

滅亡の刻は近い

悠久の地の果てへ
届かぬ風船を放つ

祭壇に飾った調べ

手探りで見極めた
真実という名の諧謔

覚醒する暗闇

我等は倒錯した
コッペリアの宴

舞い踊り墜落

月明かりに泡沫の
アナタを詠う幸福

狡猾な程に仕組まれた甘い吐息

2009/09/12 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください