Poetry |孤独は耽美に色づいて

この記事は一年以上前の記事です。

孤独は鬱屈を越えた
一つ 歪んだ鏡の中

闇は光すら蹂躙する
二つ 膨らんだ夢幻

さんざめく夜空草花
三つ 孤児のお伽噺

生まれ落ちては嘆く
四つ 世迷い憂い事

慰めより痛みを欲す
五つ 意味を失う形

奪われ絶落する心音
六つ 骸と成るまで

シンクロしては空前
七つ 嘆きの失楽園

病魔の囀り深夜の宴
八つ 約束は捨て詞

九つ 孤独は耽美に色づいた
十で 刻の終わりの鐘が鳴る

2009/10/15 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください