Poetry |夜蝶

この記事は一年以上前の記事です。

月光を纏い 羽音を揺らす
刹那 泣くような 子守歌

瞬く命に縋る様に
焦がれる様に
間隙の邂逅は儚い

出逢いには定めの一つ
疑いは包容に放ちまた一つ
髪に 指先に
ただ一つキスを

漆黒に溺れて
アナタに溺れて
いつかは儚く散りゆく蝶に成る

去り行く前にもう一度
ドアを閉じる前にもう一度
口唇に 首筋に
もう一度キスを

私が夜から帰ってきたら
まだ居るかぃ?
野暮な質問は止しておきます

アナタをこの羽根で包むから
夢見は枕木に寄せて

2009/11/07 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。