Poetry |依存癖

この記事は一年以上前の記事です。

夏が愛したアナタの背中を
ゆっくりと撫でてみる

ぐっすりと眠ったアナタは
まるで子供の様で

アナタを愛したわけじゃない
ただ依存しただけ

あたしの躰をゆっくりと這う舌に
命すらも委ねてみたかった

星の彼方を二人で眺めて
繰り返し祈って居ました

アナタに愛されたかった
アナタに殺されたかった

見つめられ 動けなくて
囁かれ 苦しくて
ただ苦しくて

寄り添った過去を拭えなくて
独り枕を濡らしました

きっと
アナタを愛したわけじゃない
ただ依存しただけ

2009/09/03 Written by漣 風華

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください