For Clowns’ Feasts

この記事は一年以上前の記事です。

原点に立ち返って、道化師で何がしたかったんだろう・・って最近考えてみたんだ。
情報を集約したいわけじゃない。発信したいわけでもない。
”表現の場”が欲しかったんだ。
サイトの枠組みにとらわれず、それでいてブログほど頑強なものでない、ゆるやかな表現の場。
SNSは範囲の定義が強い。ブログは責任が重い。掲示板は昔のものが埋もれる。


道化師自体は、今のものをより洗練させていくんだけど、
“bubblering.net”は道化師による道化師の為の宴という位置づけのドメインで、
“renhuuka.com”はRenHuuka個人の為のドメイン、
最近取得した”artfeasts.org”と”artwind.org”を道化師プロジェクトで使用しようと思ってるのね。

で、さて・・どんなものを作ろうかな〜って思案中。
どうすれば自由で手軽で、個々の作品を独自にアピールできる場所になるのか・・。


と・・ここまで考えたら”ざわざわ”してきた。。
違う・・。。
あの頃の・・”致死量の果実”が”違う”って言ってる(もう知ってる人も居ないかもなw)。

そもそも・・求められるものを作りたかったわけでもない。

そうだ。
私は詩を書きたくて書いてる。
このブログにも135余りの詩を載せているけれど、一度たりとも読み手の事なんて考えたことは無かった。
私は書き手としてそれが一番大事だと思ってる。

うん。
自己満足して欲しいんだ。
自分の作品で目一杯。

ぬ〜〜〜 難しいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください