ワイヤーフレームを作成してみた

この記事は一年以上前の記事です。

ワイヤーフレームってのを生まれて初めて作成してみたよ^^

仕事でプロジェクトを進める上で、
ユーザーインターフェイスを作成するにあたり、
この作業は必須だと思ったので作ってみた。
うん、中身は載せられませんが、初めて作成したにしてはまぁまぁじゃないかな?w
表示してある画像はGliffyのテンプレートをDLしてきたものです。


根幹のソースコード(Python)だけでなく、
UIのHTMLとCSSも一からオリジナルでやるならこれは大事な作業だね。
作ってみて改めて思い知らされた。
これ、自分のアプリ【ARTWIT-FOR-道化師達の宴】を作成する際はやらなかったけど、
今度このアプリのデザインを改良する際にもやってみよう。
頭で思い描いているだけでは実際にコーディングする際にどこから手をつけていけば良いのか分かりづらいけど、
ワイヤーフレームがあれば、コーディングの効率が断然上がりそうだね^^
逆に言えば・・これまで頭の中だけで構築してコーディングしていた自分がどうかしてたんじゃないかと思うww

今回Gliffyに惚れたので有料会員登録しちゃいました。
WEBサービスにおいて、作業効率を上げるサービスは大抵有料会員に登録してるな。
投資だと考えれば何の躊躇いも無く登録しますよ、私はw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください