サービス

この記事は一年以上前の記事です。

突然ですが、皆様はサービスしていますか?
有形・無形を問わず、あらゆるサービスというものが存在します。


—-Wikiより「サービス」.特性—-

同時性
売り買いした後にモノが残らず、生産と同時に消費されていく。
不可分性
生産と消費を切り離すことは不可能である。
不均質性
品質は一定ではない。
非有形性
触ることができない、はっきりとした形がないため、商品を購入前に見たり試したりすることが不可能。
消滅性
形のないものゆえ、在庫にすることが不可能である。

以上の性質が全てに当てはまるわけではない。
例えば、エンターテインメント産業(音楽、映像など)において、ライブパフォーマンス以外は同時性、不可分性を満たさない。
修理、メンテナンス、クリーニングなどでは品質が標準化されることがある。
情報産業ではサービスを形にして在庫にすることができる。


言ってしまえば、総てがサービスという名に括られる。
しかし

—-Wikiより「サービス」—-
サービス(英: service)は、経済用語において、売買した後にモノが残らず、効用や満足などを提供する、形のない財のことである。
第三次産業が取り扱う商品である。法令用語では、役務(えきむ)[1]ともいう。
以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。



さて、皆様はサービスしていますか?
私はサービスに対して善悪を唱えるつもりはありません。
しかし、私はサービスをすることが楽しいです。
サービスをして、
「ありがとう」や「これがあって救われた」や”笑顔”などなど、
喜んでもらえた瞬間の幸福感は言葉に出来ません。


楽しいことをやろうぜ。
自分も世界も値踏みすんなよ。
出来無くったってイイじゃないか。
僕らと一緒に楽しいことしませんか?
道化師達の宴(Clowns’ feasts)で待っています。
新規会員登録はこちらから!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください