またしても鬱(poem風)

この記事は一年以上前の記事です。

嗚呼、死にきれない

耐え難いのは、何にでも耐えられる自身だ

どんなに失っても

どんなに得ようと

必ず失われる日がくる

身に沁みる苦痛

耐え難い苦痛

耐えられてしまう苦痛

仕方が無いのさ

憐れみ等要らない

此処には苦痛しか無い

無常の時に流される

解放の時はまだか

どうしようもないのさ

元祖、死にたい病ww

アートの好きな方の為のアーティストの館 SNS
断酒を目指す方の為の

風華の詩集 第一弾『思案の果てに』
風華の詩集 第二弾『紫漣』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください