Poetry |刻まれた真実

この記事は一年以上前の記事です。

其れは失われゆくもので
其れは消えゆくもの

携えた先の代償は…

少女はその価値を知り旅に出た
白髪の美少女
失われゆく自身
消えゆく自身
どうしようもなく近い彼女

嗚呼…嗚呼…
道理が罷り通るならば…
行かせまい
往かせまい

しかし真実とは崩壊
そして隔絶
孤高の扉

どうしてこんなにも焦がれる?

亡命の少女に刻まれた真実

アートの好きな方の為のアーティストの館 SNS
断酒を目指す方の為の

風華の詩集 第一弾『思案の果てに』
風華の詩集 第二弾『紫漣』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください